2018年新年祝賀会の様子

明治大学校友会姫路地域支部の平成30年新年祝賀会は例年通り1月20日土曜日の18時より姫路護国神社会館で開催しました。姫路護国神社宮司でおられる泉和慶副支部長(S49政)のご厚意により開催しています。

最初に姫路地域支部青年部部長花岡聡の司会により開会宣言、そして物故者に黙祷、明治大学校友会姫路地域支部支部長小松利仁の新年の挨拶により始まりました。

そして、兵庫県支部から柴田芳晴名誉支部長、奥田祐司支部長、占部照彦副支部長、佐々木武久幹事、兵庫県父母会から小林めぐみ様来賓各位のご紹介、続いて奥田県支部長の乾杯の音頭により懇親会が開かれました。

 今年の懇親会は、モンゴル音楽と沖縄三味(さんしん)の調べとして兵庫県でご活躍されている三村秀樹、三村晴美、和崎京子様の格調高い沖縄文化を観賞させて頂き、大変盛り上がりました。

その後、柴田名誉支部長より兵庫県支部報告、故星野仙一、大学ラクビー等のお話し、特に今年8月に神戸で開催するマンドリン演奏会のご協力等のお話しが盛り上がりました。

続いて、林幹事の明大節、元応援団松下幹事の明大校歌を両名のリーダーの基、出席者全員が輪になって斉唱し、最後に、藤森副支部長よりこれからも姫路地域支部の隆盛と、会員各位のご健勝を祈念する旨の閉会挨拶と、一本締めで終わりました。

今年も、姫路城観桜会等に多くの参加を目指して散会しました。